診療と検査について


診療内容

 

              馬の一般診療

 一次診療による内科、外科、整形外科、

    眼科ほか

 対象は新生子馬、育成馬、競走馬、

 繁殖牝馬、乗馬ほか

 

繁殖牝馬の診療

 交配適期判断、妊娠鑑定、子宮/卵巣疾患

 生殖器外科処置、流産予防対策

 (胎盤超音波検査、ホルモン検査)ほか

 

育成馬、競走馬の診療

 各運動器疾患診療、レントゲン検査、

 跛行診断、超音波検査、

 咽喉頭部内視鏡検査

 

歯科診療

   育成馬、競走馬、繁殖牝馬の歯科診療

         

その他 詳細はお問い合わせください  

 

 



   検査について

 

     ▶レポジトリー検査

  市場に上場する1歳馬、2歳馬の四肢レン

  トゲン検査と咽喉頭部内視鏡検査

 

プレレポジトリー検査

  当歳馬の冬期~翌春の時期に、1歳市場

  上場予定馬の四肢レントゲン検査を行い、

  状態を把握し市場に向けた準備をします

 

レントゲン定期検査

  近位種子骨検査、化骨検査

                                                                

その他 詳細はお問い合わせください